本年もすごーく不定期にブログ更新を行っていく予定です。そんなブログですが本年もよろしくお願いいたします。
 
 早速、年明け最初の整備はXJR1300(99)のクラッチフルード交換です。作業自体、特に難しいことは無いのですが、道具はいろいろあった方がいいかもしれません。

DSCN3947



DSCN3951


 2年間使用のフルードは結構な汚れだと思っていましたが、マスターの中には謎の沈殿物が…

 これを見てしまった私はWAKO'Sの1リットル缶を半分になるくらいまで使用してしまいました。

 ここまでは順調でした…クラッチピストンのシール類もきれいで弾力があるから大丈夫だと戻したのですが…




 翌日、XJRの下を見てみるとフルード漏れの跡が!? 残念ながら再度取り付けた時にシールが破れてしまったようで、クラッチレリーズのOHをする羽目になってしまいました。念のためシール類を買い置きしていたのですぐに取り掛かれましたよ!!

 

DSCN3958